何時来るか思い付か77分のために健康法仕込みをしているのがサル????

タフは失ってみてその大切さがわかるとよく言いますが、結構その通りです。
住宅は男というボク、そうしたら小学校のキッズがいますが、上の子はいまだにほんのり健康が軽く、ちょっとしたためすぐにエネルギーを出してしまう。
小学校になり少しは強くなったかと思いますが、幼稚園の間は毎月幼稚園でエネルギーを吐出しお呼びの呼び出しが来て、原則販売を辞めざるをえませんでした(涙)。
小学校になってからも、インフルエンザなどのいわゆる出演解放感染症にかかったことも何度か…。そのたびにゼロウィーク休んだりするので、仕事をしていなくて必ずよかった…と思いました。
トップ大変だったのは、おたふく感冒にボク以外の家中がかかったケースだ。
初めは下のキッズが掛かり、ゼロウィークたって治ってきたかって思ったら今度は上のキッズにまで外観が…そう、おたふく感冒には潜伏時間がある結果、下のキッズが治ってきた間にぽっきり移り変わりで上のキッズが発症してしまったのです。
上のキッズもゼロウィーク休み、来週から勉強に出向ける…と思ったケース、恋人が「正に耳の下が腫れてきた…」そんなに、恋人にまでうつってしまったのです!
子供達から恋人のほうが外観は重く、原則2ウィークも浮腫がひきませんでした。
一月間一家のだれかがおたふく、という状態は精神的にもかなり重圧で、かかった素行のなかったボクはいつもマスクをかけていました。
恋人が治って、やっと家中が勉強・販売をめぐって独力になったときは、ちゃんとほっとしたのを覚えています(笑)。
そしたらは、今まで以上に健康には気を使うようになりました。
子供達には毎朝ヤクルトを飲ませ、帰ってきたらうがい・手洗いを確実にさせ、自宅でもこまめに殺菌噴流を使うようにしています。腸内環境を整える

カテゴリー: 未分類 パーマリンク