サルも持ってた?何度も成婚・別れを増やす日々のおはこ

学生時代にポスティングのパートタイマーを通じていたときの話です。

ポスティングは、不動産や食堂の強調(チラシ)を原付バイクに積み、
ショップから貰った地図を頼りに、指定された地域の自宅などの役職に
強調を投函始める業だ。

一日中バイクで駆ける業なので、雨風の反響をもろに受け取るのがこういう業の困難ところで
強調が濡れないよう配慮する、雨量で視界が悪いので災害に遭わないみたい普段よりも注意して運転するなどの
行為を売るといった仕事の能率も下がってしまいます。

とある雨量のお日様に働いていたときの要所。
雨量の影響で賢く業も進まず、一旦小停止と取ろうと思いましたが、周辺にはコンビニエンスストアなどの
一休み出来るようなお店頭は見当たりません。ただしすぐ近くに児童公園があり、園内に在る大きな木の下には
曲事投棄されたのであろう古ぼけたソファが置いてありました。

『 少しだけ雨宿りが出来れば宜しいや。』と思い、バイクを停めそのソファに座り、ブームコーヒーを飲んでいると、
少々離れたところから「 バタンッ! 」と自動車のシャッターが閉まる大きな響がしました。
何の考え無しにそちらへ目を向けるという、筋肉むきむきのHIPHOP系のイカおのずとお兄さんが自動車を降りてこちらへ歩いて来ています。
遠目に見ても明らかに不機嫌そうなのがにじみ出ると共に、明らかに俺いるの針路へ一直線に歩いて来ているのです。

目の前までくると、鼻ピアスとグリル(前歯に銀歯を入れていた)もしてある
〈 悪そな人物は普通身の回りつながり 〉のそのお兄さんは、俺にこう言いました。

「おまえ、何してんだよ?」 「はい?」といった俺。
「ええ?じゃねーよ。ココ自分の場所なんだよ。」とお兄さん。

もちろんバッチリ調べた訳ではないが、総じて一番その公園は、そのお兄さんの所有しているものではないと思いましたが、
そんな事はおくびにも出さず、食い気風味に「はい!ごめんなさい。」と言い、その場を後にしました。

ところは、都内の国分寺市でしたが際、
アメリカ合衆国 カリファルニアのスラムストリートにおける様な意志でした。

・・怖かった 笑二重になる美容液

カテゴリー: 未分類 パーマリンク