サッカリドを最大限に少なくするため

サッカリド減量で重要なことは、原材料チョイスだ。

糖質量を調べて食べて良し方法といった食べていけないものにステージをしました。

サッカリドを最大限に少なくするために、食べない原材料
・食べ物、麺類、パンなどの炭水化物は一般取らない。
・根菜類を食べない。
 ニンジン、ごぼうなど。大根は糖質量が小さ目なので食べて可
・赤いメニューを食べない
 トマトやキムチ
・結実
 果実は別にサッカリドが大きいので文句だ。
・薬味も文句!
 ポン酢や根源、みりん、焼き肉のたれ、ドレッシング関わりも糖質量が高いので使わない。
 さとうは薬屋で販売しているラカン糖に変換
・当然甘いもの一般。

積極的に召し上がる原材料
・葉物品野菜 
 レタスやキャベツ
・魚や肉
 魚はとにかくサッカリドが低のでおすすめです。
 肉は、赤身などの脂質がすくないスポットをおすすめします。
・ブロッコリーやもやし
 咀嚼回数が目立ち食いでを数少ない高で得ることができます。

・きのこ類
 糖質量がゼロなので様々食べました
・こんにゃく
こちらもサッカリドがNOという。
・海藻類
ワカメや昆布
・薬味
マヨネーズや醤油、塩分、コショウ。ダメオイルのドレッシング
・たまご
・サッカリドを待ち受けるってお通じが悪くなる傾向があります。
そのため、モーニングままヨーグルト、納豆を食べるとうにしました。

一日の動きスタンダード
踏み台昇降動き 1暇
腹筋・背筋 30回×4回
スクワット 20回×4回
腕立て 20回  すごい憎悪だったのでこれが私の盛りだくさんでした。
正真正銘めちゃくちゃきつかっただ。
筋肉痛になったお天道様は休むようにしました。
無理をせずに積み重ねることが大切だと思います。

ウェイトカウントは常々朝夕行うように始める。
自分のウェイトをずっと把握することによって、運動量を調節することも可能だし
食べる高を調節することもできますよね。

最初はサッカリドをとらないことによって、頭痛が置きたり
体のだるさを感じることもありますが、だんだんなれて来る。mfasil.com

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です